現代のネット社会が加速させている誹謗中傷問題

いつの時代にも潜んでいるもの

誹謗中傷というのは、いつの時代にもあるいじめですよね。故意的に相手の事を傷つけて面白がっているような人や、悪意を持っている人、また中には悪意などない人でもやる人がいます。それに加えて近年のネット社会がさらに誹謗中傷の状態を加速させています。それまでは使わなかったという人でも、気軽にスマホなどからネットをいじることができるようになってしまったので、それが原因で若い世代の人から高齢者にまでその被害は広がっています。

誹謗中傷対策のしかた

では、その誹謗中傷対策はどうすればいいのでしょうか。現代ではSNSが急速に広がっているので、それが原因の誹謗中傷は多いです。しかもとどまることを知りません。基本的には気にしないことが一番です。ですが、学生や仕事場での関係などでおきていることだとすれば、そのまま無視をしている訳にはいかないでしょう。そういう場合は、きちんと相手と向き合って、ネットではなく本人と向き合う姿勢が大切です。ですがネットだと本人かどうかが分からないという事があります。

SNSを辞めるという勇気

ネットでは、自分の名前を乗せなくてもいいので皆が自由に傷つくことを平気で書けてしまうのです。なので犯人が特定できないので、解決をするもなにもどうにもできない状態になってしまいます。解決方法は、そういう事が起きてしまったらSNSを思い切ってやめてしまうことです。それをやらなければつながらないような人は本当の友達とは言えません。そう思えばあっさりと辞めることができるでしょう。それでも何かしらでやってくる人こそが犯人であったと分かるでしょう。

インターネット上でのイジメや誹謗中傷が問題になっていますが、最近では誹謗中傷対策としてすぐに通報されるので安心して使えます。