あなたは大丈夫?意外と知らない風評被害対策

風評被害の現状とは?!

情報化の進む現在、少し前までは考えられなかったような社会問題が発生しています。そのうちの一つがネット風評被害で、例えば東日本大震災の時放射能に関するデマによって福島の野菜が売れなくなるなど主に経済的にこうむる被害を指します。女子高生が見ず知らずの中年男性を写真に撮り誹謗中傷の書き込みとともにSNSにアップする行為は経済的打撃を与えているわけではないですが、社会的打撃という観点において広い意味で風評被害といわれることもあります。そのような事例も含めると実際に数年前、法務局に寄せられたインターネット上での誹謗中傷、人権侵害に関する事件は600件以上発生しており誰が被害者になってもおかしくないという現状です。

風評被害を未然に防ぐには?

企業の場合、風評被害を受けるかもしれない商品や事業について事前に話し合い、どうすればその原因を改善できるのかという対策方法を決めておくことが肝心です。これは風評被害を未然に防ぐというだけでなく企業内のサービスや製品の質を向上させることにもつながるのでぜひとも行うべきでしょう。自分が消費者である場合、情報が本当かどうかを確かめる癖をつけることや出来るだけ二つ以上の情報源から知ることが大事です。確固としたメディアリテラシーを持つことで、簡単に流されない賢い消費者になる必要があります。

もし風評被害にあってしまったら?

例えば風評被害に対して「プロバイダ責任制限法」が適応される場合があります。情報を扱うプロバイダには、もし誹謗中傷を受けた企業や個人が情報開示を求めた場合だれが発信者であるかという情報の開示を行わなければならないのです。例えばブログで根拠のない書き込みをされて風評被害を受けた場合このプロバイダ責任制限法によって犯人を突き止められる場合がある、ということを覚えておくとよいかもしれません。もちろん弁護士の手を借りないと難しい場合も多いですが企業や個人の名誉を回復することは不可能ではないのです。

風評被害対策として、行われる対策の1つが関連キーワードへの対応です。ネガティブな関連ワードが表示され無い様に対策を講じる事が出来ます。悪いイメージが定着する前に対策を講じましょう。