自由にデザイン出来る!?ホームページのデザインあれこれ

シンプルなページが好きならなるべく質素に

ホームページのデザインをする場合になるべくシンプルなページを目指していきたいという場合には、コンテンツや画像などを質素にまとめていくことにしましょう。シンプルなページは見やすく作ることでアクセス数も上がっていきますから、自分が世の中に発信していきたいことを自由に書いてみましょう。デザインを自分で考えることができない場合には、ホームページ専用のソフトなどを使うことでテンプレートからページ作成をできます。

コンテンツにこだわる場合にはそれなりの知識も必要

ホームページ内にコンテンツをいろいろと設置しようと感がている方は、まずはそのコンテンツを作るのにどのようなソフトや知識が必要なのかを調べましょう。フラッシュなどのコンテンツを設置する場合には、その作成を自分で行うことになりますから、専門ソフトの導入なども必要になってきます。もちろんウェブコンテンツの作成を代行してくれる企業もあるので、難しい作業は自分でやらずに外注するという方法もあるので、面倒な場合には外注してみましょう。

ホームページのデザインに正答はない

ホームページのデザインというのは公序良俗に反するもの以外は正答などはありませんから、自由な発想で作り上げていきましょう。あまり固定観念に縛られることなくホームページ作りを進めていくことで、自分だけのオリジナルのページができます。ホームページには個人サイトから企業サイトにECサイトなど様々な用途がありますが、どんなデザインにするのかは作る側の自由ですから、いろいろなホームページを参考にしてデザインを決定するのも悪くはありません。

レスポンシブデザインとは、Webデザイン手法で、多様なデバイス機器や画面サイズに対して、1つのファイルで対応することです。複数のファイルを用意することに比べ、自由度は下がるが作業の簡便化ができます。